本文へスキップ

ビタミンU キャベジン

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ビタミン様物質 > ビタミンU(キャベジン)

ビタミンU(キャベジン)の効果

ビタミンUは、キャベツから発見されたビタミン様物質で、キャベジンとも呼ばれています。

たんぱく質の合成に不可欠な核酸をつくるのに必要な物質なので、たんぱく質の生成を活発にしたり、傷ついた組織を修復する働きがなどがあります。これらの働きにより、胃粘膜の新陳代謝を活性化させる効果が期待されます。

また、過剰な胃酸の分泌を抑制する働きもあり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や改善に効果があるとされています。

ビタミンUが不足してしまうと、胃が弱くなったり、潰瘍組織の修復が遅くなる心配があります。

ビタミンUは、キャベツやレタスなどの野菜に多く含まれていますが、水に溶けやすく熱に弱い性質があるので、出来るだけ生で食べることで効率よく摂取することができます。

スポンサードリンク


関連項目






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク