本文へスキップ

コリン 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ビタミン様物質 > コリン

コリンの効果

コリンは、体内でアセチルコリンやレシチンの材料となるビタミン様物質です。

アセチルコリンは、血管を拡張させて血圧を下げる神経伝達物質として働き、高血圧を予防します。

レシチンは、細胞膜を形成する物質で、コレステロールが血管壁に沈着するのを防ぎ、高脂血症や動脈硬化を予防する効果や、肝臓に脂肪がたまらないように働き、脂肪肝を予防する効果があります。

コリンには、脳の記憶形成を助ける働きもあり、アルツハイマー病への効果も期待されています。

コリンは体内でも合成されますが、アミノ酸から作られるので、たんぱく質の摂取が少ないと不足することがあります。

スポンサードリンク


関連項目






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク