本文へスキップ

ビタミン 栄養

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ビタミン

ビタミンの働き

ビタミンは他の栄養素や酵素などの働きを円滑にする潤滑油の役割をします。ごく少量でからだの生理機能を正常に働かせ、代謝を円滑にします。

生きていくうえで欠かすことの出来ない栄養素で、欠乏すると特有の欠乏症があらわれます。また、取りすぎによる過剰症を起こします。

ビタミンは体内で合成されないので、食事から摂取しなければなりません。相互に助け合い、効果を強化することも多いので、複数の食品をバランスよく摂ることが大切です。

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。水溶性ビタミンには、ビタミンB群(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)とビタミンCがあります。

水溶性ビタミンは、水に溶けやすく熱に弱い性質があるので、過剰な水洗いや長時間の加熱を避けて調理することが必要です。

また、使われなかった分は尿などにより排出されて、カラダに蓄積することができないので、毎日の食事から必要量を摂取することが大切です。

脂溶性ビタミンには、ビタミンA、D、E、Kがあります。脂溶性ビタミンは、油脂やアルコールに溶けやすい性質があり、カラダに蓄積されるので、過剰に摂取すると過剰症を起こす心配があります。

スポンサードリンク


関連項目







・欠乏症

当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク