本文へスキップ

糖質 炭水化物

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > 炭水化物・糖質

糖質・炭水化物の働き

糖質は、たんぱく質、脂質と共に三大栄養素のひとつで、炭素・水素・酸素から できる化合物の総称です。

炭水化物は、糖質と食物繊維が一体になった米や小麦粉などのことです。

糖質は、単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトースなど)、少糖類(ショ糖、乳糖、 麦芽糖など)、多糖類(デンプン、グリコーゲンなど)の3種類に分けられます。

糖質は体内に入ると、最小単位の単糖に分解、小腸で吸収、肝臓でブドウ糖に 変換されて、血液により細胞に運ばれて、エネルギー源になります。

糖質を摂取しすぎると体脂肪として貯蔵されます。 不足すると、体内のたんぱく質や体脂肪を分解して、エネルギーにします。

スポンサードリンク


関連項目






新甘味料


・糖質系甘味料


・糖質系甘味料


当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク