本文へスキップ

たんぱく質 アミノ酸

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > たんぱく質

たんぱく質とは

たんぱく質は、糖質、脂質と共に三大栄養素の一つで、皮膚、骨、筋肉、毛髪、血液などの構成成分で、人体に不可欠な栄養素です。酵素、ホルモン、神経伝達物質などもたんぱく質からつくられています。
     
たんぱく質(protain)の語源はギリシャ語のproteios(第1位のもの)ということからも重要な栄養素だということがわかります。
     
人間のカラダは約10万種類のたんぱく質からなっています。
食べ物から摂ったたんぱく質は、アミノ酸に分解され、最終的にカラダの各部に適したたんぱく質に作り変えられ、人体のざまざまな構成要素となります。
     
たんぱく質は、20種類のアミノ酸からつくられていています。そのうち、9種類は体内で合成されないので、食品から摂る必要があります。この9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。
     
たんぱく質は、糖質や脂質のように余った分を蓄えておくことが出来ないので、毎日の食事でしっかりと摂る必要があります。

スポンサードリンク


関連項目



必須アミノ酸





その他のアミノ酸・たんぱく質








当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク