本文へスキップ

キナ酸 コーヒー クランベリー

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > キナ酸

キナ酸の効果

キナ酸は、コーヒーの種子やクランベリーの実に含まれている成分で、体内で馬尿酸という酸性の物質に変わり、尿を弱酸性にする働きがあります。

尿は、健康なときには弱酸性なのですが、アルカリ性になってしまうと細菌が繁殖しやすくなり、膀胱炎や腎盂炎などの尿路感染症を引き起こす原因になってしまいます。

キナ酸は、尿を弱酸性にして細菌の繁殖を抑える働きがあるので、膀胱炎や腎盂炎などの尿路感染症の予防効果が期待されます。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク