本文へスキップ

キサントフィル類 カロテノイド

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > キサントフィル類

キサントフィル類とは

キサントフィル類は黄色の色素で、カロテノイドのなかでゼアキサンチン、ルテイン、β-クリプトキサンチンなどが分類されます。

ゼアキサンチンとルテインは、ほうれん草などに多く含まれていて、体内では、目の網膜や黄斑部に存在します。黄斑は、網膜の中央部にあり、物体の形などを認識するなど、視力をつかさどる組織です。

ゼアキサンチンとルテインは、紫外線や老化により、黄斑の脂質が酸化してダメージを受けたり破壊されて視力が低下することや失明することを予防する効果が期待されます。

β-クリプトキサンチンは、特にみかん(温州みかん)に多く含まれていて、強力な抗がん作用が期待されています。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク