本文へスキップ

カプサイシン 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > カプサイシン

カプサイシンの効果

カプサイシンは、唐辛子やししとうなどに含まれる辛味成分です。

中枢神経を刺激してアドレナリンを放出させ、脂肪分解酵素リパーゼを活性化することでエネルギー代謝が盛んになって、肝臓や筋肉内のグリコーゲン分解が促進されて、体脂肪が燃えやすくなります。

また、身体を温めることで、冷えやむくみ、肩こりなどを解消したり、胃炎、口内炎を改善する効果もあります。

このほかに、健胃効果、殺菌効果もあり、疲労回復の効果もあります。ただし、摂り過ぎると胃壁を荒らす心配があります。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク