本文へスキップ

フラボン類 アピイン アピゲニン ルテオリン

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > フラボン類

フラボン類の働き

フラボノイドでフラボン類に分類されるものには、アピイン、アピゲニン、ルテオリンなどがあります。

アピインは、セロリに含まれる香りの成分です。神経系統に作用して、イライラや頭痛などの症状を鎮める働きがあります。

アピゲニンは、カモミールなどの白や黄色の花の花弁に含まれている成分で、アピインと同様に鎮静作用があります。

ルテオリンは、カモミールやセロリ、ピーマン、しそなどに含まれている成分です。免疫力を正常にする働きがあり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を改善する働きもあるとされています。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク