本文へスキップ

カフェ酸 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > カフェ酸

カフェ酸の効果

カフェ酸は、コーヒーに含まれているクロロゲン酸が分解されてできる物質です。

コーヒーには、がんの増殖や転移を抑えるいろいろな成分が含まれていることがわかり、研究が進められています。

カフェ酸もその一つで、ラットを使った実験でをは、がん細胞が組織内に入り込んでしまう浸潤を抑える効果があることが発見されました。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク