本文へスキップ

ソラニン 中毒

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > ソラニン

ソラニンの毒性

ソラニンは、サポニン類のひとつで、ジャガイモの芽や皮の緑色になった部分に含まれています。

食べ過ぎると、腹痛やめまいなどの中毒症状を起こす心配があります。特に子ともでは命の危険に関わることもあるので、注意が必要です。

ジャガイモを調理するときには、芽が出ている部分は完全に取り除いて、皮が緑色になっている場所は、皮を厚めにむくようにして、食べないように注意することが必要です。

サポニンの語源は、水溶液は泡立つ性質を持っていることから、石鹸(シャボン)と同じだそうです。大豆を煮ると泡立つのは、このサポニンの働きによるものです。

その他のサポニン類には、大豆サポニン、イソクリエチゲニン、ジンセノイドなどがあります。


スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク