本文へスキップ

βカロテン ベータカロチン

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > β-カロテン

β-カロテン(ベータカロチン)の効果

β-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれ、体内でビタミンAとして働きます。特にモロヘイヤ、ニンジン、あしたば、かぼちゃなどに多く含まれます。

吸収率が低いのですが、脂溶性なので油と一緒にとることで、吸収率がアップします。また、身体が必要とする分だけビタミンAに変換され、残りは蓄積されます。

β-カロテンは体内で発生する老化、動脈硬化、がんなどを誘発する活性酸素を抑える働きがあります。また悪玉コレステロールにより、血管が閉塞されるのを防ぐ効果もあります。

β-カロテンは、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取することで抗酸化効果が倍増します。カロテノイドは、一種類だけでは効果が低いので、複数の食品からさまざまなカロテノイドをバランスよく摂取することが大切です。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク