本文へスキップ

大豆イソフラボン エストロゲン

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル > 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンの効果

大豆イソフラボンは、大豆に含まれるポリフェノールの一種で、エストロゲンという女性ホルモンとよく似た働きをします。

エストロゲンは、妊娠・出産するための体を作るために必要であり、骨の代謝にも深く関係していて、不足すると骨からカルシウムが排出されやすくなってしまいます。

更年期前後の女性は、エストロゲンが不足して骨粗しょう症などになりやすくなっているので、大豆イソフラボンを摂取することで、骨粗しょう症や更年期障害の予防に役立ちます。

大豆イソフラボンの一日の摂取量の目安は、納豆で1パック、豆腐で半丁です。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク