本文へスキップ

ファイトケミカル フィトケミカル

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > ファイトケミカル

ファイトケミカル(フィトケミカル)の働き

ファイトケミカル(フィトケミカル)は、植物自身が太陽の有害光線や虫などから自分を守るために作り出す物質のことです。ファイトケミカルの「ファイト」は、ギリシャ語で「植物」の意味です。

野菜や果物、豆類などに豊富に含まれていて、数千種類あり、ひとつの野菜や果物にも多いものでは数百種類も存在しています。カロテノイド群、ポリフェノール・フラボノイド群、硫黄化合物群に分類されます。

ファイトケミカルは、人体に入ると抗酸化力を発揮して、活性酸素の攻撃から細胞を守るので、がんの予防に効果があります。また、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病の予防や老化防止などの効果も期待できます。

ファイトケミカルは、健康を保つためには必須の成分であるため、現在では、第7の栄養素と呼ばれています。

スポンサードリンク


関連項目


カロテノイド(カロチノイド)





ポリフェノール











硫黄化合物







その他のファイトケミカル






当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク