本文へスキップ

ビフィズス菌 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > 乳酸菌 > ビフィズス菌

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌は、生後3日目くらいから腸内で繁殖を始め、すでに赤ちゃんの腸内に繁殖している悪玉菌や病原菌から赤ちゃんの体を守ります。

悪玉菌の繁殖を抑えて、有害物質の生成を防いでくれます。免疫機能を高めて、がんや病原菌などに対する抵抗力を強くしてくれる働きがあります。

ビフィズス菌は、年をとるにつれ減少していき、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌が多くなってしまいます。ストレスなども減少する原因になっていまいます。

ビフィズス菌を増やすには、ビフィズス菌のえさになる乳糖やオリゴ糖などを含んだ食品を積極的に摂取するようにしましょう。

乳糖は牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品に、オリゴ糖は、大豆、ねぎ、玉ねぎ、ニンニク、みそなどに多く含まれています。

スポンサードリンク


関連項目


乳酸菌




酵素







当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク