本文へスキップ

乳酸菌 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > 乳酸菌

ビタミンの働き

乳酸菌は、腸内で糖を分解して乳酸を大量に生産する細菌の総称で、チーズやヨーグルトなどの発酵にも使われています。

腸内の細菌には、善玉菌、悪玉菌、どちらにも働く日和見菌があり、腸の老化や食べ物、体調、ストレスなどによって、そのバランスは変化しています。

乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を整える働きがあるので、腸の働きが活発になり、消化吸収が促進され、下痢を予防し、便通をよくします。

腸内環境が良くなることで、肌荒れや吹き出物などの肌のトラブルの改善にも効果があります。

また、有害物質などを吸着して、腸壁に吸収されるのを防ぎ、体外に排出する働きや免疫力を高める働きがあるので、大腸がんの予防に効果があります。

スポンサードリンク


関連項目


乳酸菌




酵素







当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク