本文へスキップ

ウロン酸

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > その他の栄養素 > ウロン酸

ウロン酸とは

ウロン酸とは、野菜や果物、海藻類などの食物繊維を多く含んでいる食品に含まれている成分です。

ウロン酸は長時間加熱することでDHCP(ジヒドロキシン・シクロペンテン)という物質に変化します。DHCPには、強力な抗がん作用があるといわれています。

ウロン酸には抗菌作用もあるといわれています。野菜や果物、海藻類などを長時間煮込むようなスープなどの煮込み料理では、自然に生成されるので摂取しやすいと思います。

スポンサードリンク


関連項目












当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク