本文へスキップ

クエン酸 効果

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > その他の栄養素 > クエン酸

クエン酸の効果

クエン酸とは、柑橘類や酢に多く含まれている酸で、血液中に一定割合で含まれています。カラダを弱アルカリ性に保ち、免疫力を高めてくれます。人間のカラダは、弱アルカリ性に保たれているときに自然治癒力が高くなります。

クエン酸には、運動時などに生成され疲労の原因となる酸性物質と結合して、さまざまな酸に変化し続けて酸性物質を分解し、エネルギーに変える「クエン酸サイクル」という働きがあり、疲労回復に効果があるとされています。

また、カラダに吸収され肉に鉄やカルシウムなどの脂溶性ミネラルをキレート作用により、吸収されやすくします。キレート作用は、カラダに吸収されにくいミネラルを包み込んで、吸収されやすい形(キレート化合物)をつくりだす働きのことです。

スポンサードリンク


関連項目












当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク