本文へスキップ

シスタチン

スポンサードリンク

栄養のこと知っとこう! > その他の栄養素 > シスタチン

シスタチンの働き

シスタチンとは、牛乳や卵、米などに含まれていて、人体の細胞にも存在している成分です。

細胞内に存在するシスタチンα、β、分泌性のシスタチンC、S、卵白シスタチン、牛乳シスタチン、キニノーゲンなど、さまざまな種類があります。

シスタチンは機能的には種類により異なる部分もありますが、ウイルス感染防止など外から侵入してきた病原体から体を守る働きがあるとされています

スポンサードリンク


関連項目












当サイトでは、では、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの六大栄養素をはじめ、いろいろな栄養成分の性質や効果について紹介しています。

六大栄養素の他にも食品に含まれるいろいろな成分があり、名前は知っていても、その性質や効果・効能については意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

栄養成分の性質や効果・効能について知ることで、健康維持や生活習慣病の予防・改善、美容などに関する知識の向上にもつながると思います。

栄養成分に関する知識を得るために、当サイトを活用して頂きたいと思います。

shop info店舗情報

スポンサードリンク